MENU

① 地域の中で、最も優れた平屋住宅を提案できる住宅会社は!?

 

大崎市で平屋住宅を検討するなら、地域の住宅会社の中から、最も信頼できて、相性の良い住宅会社を選ぶことが、最良の選択です。

しかし、住宅を建てる際には検討時間が、必ず必要です。もし少しでも、住宅を慎重に選びたいと思うなら、ひとつの住宅会社だけに、提案を頼むと、他の選択肢を見逃してしまう原因になります。


あとになって、後悔しないためにも、わからない部分は、必ず事前に確認をすることは、重要です。理想の家づくりの計画のイメージを、固めるまでには、気になっているポイントを一つ一つ確認して、最終的にお願いしたいと思える優れた住宅会社・工務店に出会うという道のりをたどるものです。

 

② お住まいの地域の中で、最良のご提案アドバイス可能です!!比較しないと損しているケースも!

タウンライフは、各市区町村単位で、平屋住宅の提案をできる住宅会社を比較して、提案をしてくれるのですぐに比較できるサービスです。

複数の住宅を比較できる立場だからこそ、第三者的な立場から、コスト比較や、提案内容が希望にかなっているかを、慎重に比較することができるのです。

多くのケースで、数社目の住宅会社の営業マンにつかまって、積極的な提案を受けたことで、即決しまったことを後悔している施主さんが、着工してしまい、諦めてしまっているという現状があります。


累計利用者数112万人突破!!
 <<webフォーム申込限定キャンペーン>>から申し込んで頂いた方に、
 『理想に最も近い平屋住宅の計画書を無料でご提案!』@



無料で、比較できる平屋建ての計画書を提案してもらえるので、慎重に検討したいという場合には役立つサービスです。

すでに112万人の利用実績があるので、過去の事例を含め、どんなコスト削減方法があるのか?平屋を建てる上で、必ず確認しておきたいポイントなどについて、事前にアドバイスを受けることができるのは、大きなメリットです。

ワンフロアの利便性&構造の強さ&高気密が、平屋を建てる上での長所ですが、希望の住宅会社を選ぶためには、どんな部分に注意すべきなのか!?など、住宅についての知識を得た上で、最良の選択をすることが可能です!!



⇒【平屋住宅プラン 限定の無料ご提案はコチラから】











 

Q&A地域情報



ついに先日「風呂の蛇口が壊れたから新しいのに交換して」 と、母宛に要求してきたそうです。 母に家賃収入があるわけでもなく、あくまで自己責任で住んでくれ、となっていますが、 やはり母の名義である以上、母が修繕するものなのかな?とも思うのです。 なので母は「もう建物は壊すから出て行って」と伝えたのですが、 「正当な理由がないのに、それは不法退去要求だ。 次に住む場所の転居費用を出してくれたら考える」と反発されたそうです。 個人での貸し借り、しかも契約をしていない、 単なるお家騒動なので、弁護士もこんな案件、引き受けてはくれないでしょう。 ネットで立ち退き関係を調べても、賃貸契約での情報しか出ず、 このような事態は、どう対処したら良いのでしょうか? いっそ名義を放棄する、みたいなことはできるのでしょうか? 資産価値はゼロとは言え、母の所有物ですから、 どうにかできればと思い、質問しました。
賃貸に住み続けるか、持ち家を購入するか? 現在、結婚5年目で、賃貸生活をしています。 築35年のマンション、3LDK、駐車場2台で、月々5万9千円です。 ちなみに会社からの家賃補助 はゼロです。配偶者手当もゼロです。 私の住む地域で、築35年3LDKは、かなり高いです。 しかし駅近く、バス停近く、病院多数、コンビニ徒歩圏内に2軒、 小学校まで、500m、保育園が2軒、幼稚園が1軒あります。 24時間営業スーパー、深夜12時まで営業のドラッグストア、 郵便局、銀行、ファミレス等の飲食店も徒歩圏内にあり、大変便利です。 現住居から600mの距離に、新築建売住宅が売りに出されてました。 距離が近いので環境は熟知してます。 販売価格も、売主と不動産屋の交渉で、当初価格より480万円下げてもらいました。 私の収入は除き、夫の収入のみで仮審査を受けたところ、 最低金利で融資を受けられる結果が出ました。 月々の返済4万8千円の35年ローン、 現家賃5万9千円ー返済4万8千円=1万1千円、 長く続けている銀行の積立月々2万円を、 繰り上げ返済や将来の修繕の積み立てに充てることにして、 賃貸に住み続けるより、資産になることを考え、気持ちは購入に傾いています。 しかし、夫の実家は県外で、残債なしの持ち家があります。 私はお姑さんが大好きなので、ゆくゆくは夫の地元で暮らしたい気持ちもあります。 ただし、夫の実家には、未婚の妹さん(40歳)がお母さんと暮らしています。 私は妹さんとも仲良しです。妹さんは、外資系企業の役職に就いてますので、 生涯独身で良いし、お母さんのそばにいたい、とお考えのようです。 嫁の立場の私が「家と土地は長男である夫が相続するものだ!」 とは言えません。むしろ、就職で県外に出た夫より、 お母さんのそばにいる妹さんが、土地家屋を相続するのが筋のような気がします。 夫の実家は平屋の3DK、すでに築40年経過しており、 先日水回りと内装のリフォームをしておりますが、 夫が定年して実家に帰る頃には、もはや新築レベルの建て替えが必要かと思われます。 そうなると、銀行も融資はしてくれないだろうし、 退職金を全て新築費に充てると、老後の生活も心配です。 夫も退職後は地元に帰りたい意思はあります。 しかし、融資を受けられるのは、今がタイムリミットです。 地元から離れた現住所で家を購入するのか、 あと20年賃貸暮らしを続けるのか悩んでいます。 長くなったので、あとは補足に書きます。